描画ペルソナの各ツールについて

概要

drawpersonatool

描画ペルソナはベクタ描画をするためのペルソナです。Affinity Designerでの作業のほとんどは描画ペルソナで行なうことになると思います。それぞれどういうふうに使うか、アイコンや名称から察しにくいものもあるので、用法を1つずつ紹介していきます。

隠れたツールの使用

移動ツールのように右下に灰色の三角が表示されているものは、その三角をクリックすることでツールを切り替えることができます。移動ツールの場合はアートボードツールと切り替えられます。

各ツールについて

各ツールの機能を具体的に説明していきます。主な機能のショートカットキーも記載しておきます。よく使うツールのショートカットキーを覚えておくと作業効率がとても上がるので頭に入れておきましょう。

移動ツールmovetool

ドラッグによりオブジェクトを選択し、移動したり右クリックメニューから様々な処理を適用したりするためのツールです。ショートカットキーはVです。

アートボードツールartboard

ドラッグにより矩形を描くことでアートボードを作ることが出来ます。複数アートボードを作成することにより1つのドキュメントで複数のキャンバスを扱うことができます。それぞれのアートボードを独立した画像ファイルとして一括出力が出来るので、Web UIのパーツ作成に大活躍します。

ノードツールnodetool

ノードツールはオブジェクトのノード(点)の整形に使用するツールです。オブジェクトをクリックするとノードが青い円で表示されるので、それをドラッグ&ドロップで変形することができます。ショートカットキーはAです。

コーナーツールcornertool

コーナー(角)の形を変更するツールです。ノードをクリックで選択してメニューからコーナーの形状を選ぶと適用されます。線をあるノードで丸めたいときや尖らせたいとき等に使用します。

ペンツールpentool

ベジェ曲線を描画するためのツールです。シングルクリックにより尖ったノードを打つことがでます。またクリックした後ドラッグすることで、クリックした点に、ドラッグした方向や長さに応じて滑らかな曲線を描くことができます。ショートカットキーはPです。

鉛筆ツールpenciltool

ドラッグした軌跡が線になる、直感的に描画できるツールです。手ブレによる線のブレを自動的に補正してくれるので、一般的なペイントツールに比べて綺麗な線が引けます。筆圧感知や速度に応じて線の太さや濃さを変化させることもできるので、ペンタブレットを使用することにより味のある線を書くことが可能です。ショートカットキーはNです。

ベクトルブラシツールvectorbrashtool

鉛筆ツールと同様、ドラッグした軌跡が線になるツールです。こちらは鉛筆ツールと異なり、ブラシ設定を定義することで、ブラシ太さや不透明度の変化幅を自由にカスタムすることができます。ショートカットキーはBです。

塗りつぶしツールgradiationtool

ストローク(線)や塗りつぶしのグラデーションをリアルタイムで確認しながら変更することができるツールです。オブジェクトを選択して、ドラッグすることでグラデーション幅と位置を調整できます。ツールバーのコンテキスト欄で線か塗りのどちらの色を変更するのかを切り替えることができます。ショートカットキーはGです。

透明性ツールtransparenttool

ストロークや塗りつぶしの不透明度のグラデーションをリアルタイムで確認しながら変更できるツールです。操作方法は塗りつぶしツールとほとんど同じです。ショートカットキーはYです。

画像配置ツールinsertimagetool

Macの中に入っている画像ファイルやafdesignファイルを現在のドキュメントに取り込むためのツールです。このツールを選択すると、ファイルを選択するFinderのダイアログが表示されます。そこで選択したファイルが新しいレイヤに貼り付けられます。

ベクトル切り抜きツールtrimingtool

オブジェクトを矩形で切り抜くためのツールです。トリミングツールという方がわかりやすいかもしれません。オブジェクトをクリックして選択すると、枠が表示されます。その枠をドラッグしてサイズを変更すると、枠からはみ出た部分は表示されないようになります。

長方形ツールrecttool

長方形を描画するためのツールです。ドラッグすることで長方形を描画できます。Shiftを押しながらドラッグすると正方形が描画できます。Commandを押しながらドラッグすると、クリックしたポイントを中心として長方形を描画できます。ショートカットキーはMです。Mをもう一度押すと楕円ツールに、さらにもう一度押すと角丸長方形ツールになります。

楕円ツールellipsetool

楕円を描画するためのツールです。操作方法は長方形ツールとほぼ同じです。Shiftを押しながらドラッグすると円が描画できます。

角丸長方形ツールroundrecttool

角が丸い長方形を描画できるツールです。操作方法は長方形ツールとまったく同じです。ツールバーから角の丸さが変更できます。

ドーナツ型ツールなどdrawobjtool

その他のシェイプを描画するツールが多数用意されています。操作方法は長方形ツールと共通です。

アーティスティックテキストツールarttexttool

テキストボックスを作成し、文字を書けるようにします。任意の場所をクリックすることでそこに文字を描画できるようになります。ショートカットキーはTです。

フレームテキストツールtexttool

描いたパスをフレームとしてテキストを描画できるようにします。基準となるオブジェクトをクリックすることでそこにテキストを書けるようになります。ただしベースとなるオブジェクトは見えなくなるので注意してください。ショートカットキーはTです。

表示ツールhandtool

キャンバスを平行移動するのに使用します。ドラッグすることでキャンバスが移動します。ショートカットキーはHです。

ズームツールzoomtool

キャンバス表示をを拡大・縮小できます。クリックすると拡大し、Optionを押しながらクリックすると縮小することができます。ショートカットキーはZです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です