Affinity Designerの「文字のアウトライン化」の方法

how_to_make_text_outline

概要

文字のアウトライン化という名前の機能がない?

以前、Adobe Illustratorから以降した方で困ることが多いと思われる線のアウトライン化について記事を公開しました。
Affinity Designerの「線のアウトライン化」の方法 – Affinity Tips

また、同様に出来ないと困るのが文字のアウトライン化です。この文字のアウトライン化は出版業者に原稿を渡すときに必須な作業であることが多いです。また、アウトライン化が出来ないとパス演算による形の切り抜きなどが出来ないなど不便な点が多いです。

文字のアウトライン化とは?

そもそも文字のアウトライン化とはなんぞや、という方もいらっしゃると思います。
アウトライン化する前のテキストは、実は文字情報と、フォントのプロパティからなるデータになっています。
そのため文字のパスを直接変更することができません。また、この状態では機種依存のフォントなどを使っている場合、他の端末では表示できなくなるなどの問題点があります。
そこで他の人とデータをやりとりするために、このテキストを一度パスに変換するという作業が必要になります。これが文字のアウトライン化です。

手順

Step1 アウトライン化したいテキストを選択する

outline_select_text

移動ツール[v]を使って、テキストオブジェクトを選択します。

Step2 カーブに変換

change_to_curve

メニューバーのレイヤ>カーブに変換を選択することで文字のアウトライン化ができます。
あるいはCommand + Returnのショートカットキーでも可能です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です