線(パス)に沿って文字を配置する方法

概要

text_on_path_top

この記事ではタイポグラフィの基礎テクニックである、パスに沿って文字を並べる方法について解説します。簡単に扱えるテクニックですので実際に試してみてマスターしましょう。

手順

Step1 任意のパスを描く

text_on_path1

鉛筆ツール(ショートカットキー:n)ペンツール(ショートカットキー:p)などを使って自由にパスを描きましょう。文字はここで描いたパスに沿って配置されることになります。

Step2 パスを選択する

text_on_path2

移動ツール(ショートカットキー:v)を使ってパスを選択してください。

Step3 文字を配置するパスを指定

アーティステックテキストツール(ショートカットキー:t)を選択し、パスの上にカーソルを持っていくと、「A」と書いてあるカーソルから、「Tの下に波線がついている」カーソルに変化します。カーソルがその状態になったらクリックしてください。

クリックした位置をスタートとして文字が描かれます。なお、文字入力の開始位置は赤色の三角形で確認できます。この三角形をドラッグすることで位置を修正できます。

1.5.1以降のバージョンではメニューバーより「レイヤー」>「テキストパスに変換」としても同様の効果が得られます。

Step4 文字を入力する

text_on_path4

あとは通常のテキストツール使用時と同じように文字を入力していくだけです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です