表示ツールを効果的に使う方法まとめ

using_view_tool_effectively

表示ツールとは

handtool

表示ツール(英:View Tool)はキャンバスの表示を変更するためのツールです。
細かく編集したいとき、全体を俯瞰したいとき、表示する位置を変えたい時など、ほとんどの作業で必要になります。
知らないと損をする、かなり便利な機能が満載なのですが皆さんご存知でしょうか。
以下にその使い方を解説していきたいと思います。

表示ツールに切り替えて使う場合

使い所

この用法での長所は「コンテキストツールバー」に現れる表示ツール専用の機能が使えることです。
コンテキストツールバーというのは、ツールを切り替えると内容が変わるツールバー二段目のことです。
どれくらい拡大するかを数値で設定したり、ルーラの目盛りの単位をピクセル・インチ・ミリメートルなどに変更したりできます。

ショートカット

hがショートカットキーです。
すぐに使えるように覚えておくのが良いでしょう。

ツールを切り替えずに使う

Spaceを押すことにより、使用ツールを切り替えること無く一時的に表示ツールを利用することができます。
じっくり見るのではなく作業する位置を素早く動かしたいときにはとても便利です。
効率的にキャンバスの表示範囲を移動したり、キャンバス表示の拡大縮小したりできます。
作業中は主にこちらの使い方をすることが多くなると思います。

キャンバスの表示範囲を移動する

Spaceを押しながらキャンバスをドラッグすることでキャンバスの表示範囲を移動させることができます。
この機能を知っているのと知らないのとでは作業効率が圧倒的に変わります。

キャンバスを画面にフィットさせる

全体像をすぐに確認したくなることがあると思います。
Spaceを押しながらキャンバスをダブルクリックすることで拡大率と表示位置を自動的に調整し、画面にフィットした状態に設定してくれます。
細かい部位を編集した後に全体を俯瞰したい場合に大変便利です。

キャンバスを拡大・縮小する

表示ツールを使わなくても、キャンバスを拡大・縮小することができますが、
表示ツールを使った方法ではシンプルに使うことができます。
拡大する場合Space + Commandを押した状態でキャンバスをクリック、
縮小する場合はSpace + Optionを押した状態でキャンバスをクリックすれば良いです。
さらに拡大縮小をリアルタイムで連続的にしたい場合はSpace + Commandを押しながらキャンバスをドラッグしてください。

表示ツールを使わない場合、
拡大するにはCommand + +、縮小するにはCommand + -といったショートカットが利用できます。
しかし同時に押すキーが少し離れていて少し不便に感じるかもしれません。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です