Affinity Photoで写真に写り込んだ不要な人物や物体を消す方法

how-to-remove-people-and-object

概要

写真を取ったときに通行人が写り込んでしまうなど、写ってほしくない物体や人物を写真から除きたいという場面は数多くあると思います。
こんな時のために、Photoshopにはスポット修復ブラシツールという写真内の汚れなどの不完全な部分をすばやく取り除くツールが用意されています。Affinity Photoにもスポット修復ブラシツールに相当するインペインティングブラシツールというツールが存在します。今回はこのツールの使い方を説明していきます。

手順

Step1 インペインティングツールを選択する

inpainting_tool

インペインティングツールのデフォルトのショートカットキーは[j]です。修復ブラシツール・パッチツール・傷除去ツール・赤目除去ツールと一緒にアイコンが格納されているので、インペインティングツールになるまで[j]キーを押しましょう。あるいはツールバーから直接インペインティングツールを選択しても良いです。

Step2 消したいオブジェクトを塗りつぶす

inpainting_step2

ブラシのサイズを消したいオブジェクトのサイズに合わせて大きくしたり小さくしたり設定します。
あとは消したいオブジェクトを塗りつぶすだけです。消したいオブジェクトが赤く塗りつぶされたことが確認できたらドラッグをやめます。
今回サンプルではトーストの上のマーガリンを消すことにしました。

Step3 完成

inpainting_step3

補足

インペインティングツールは完璧なツールではありませんので、すべてのオブジェクトをきれいに消せるとは限りません。
複雑な写真等においてはうまく動作しない可能性があります。
これはインペインティングツールは消したい範囲に当てはめるパターンを写真の中から選んでくるためです。
そのため写真に元々写り込んでいないものは補完することはできません。
うまくいかない場合は他のレタッチ方法を試すことをおすすめします。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です